仙台・個人事業・起業家の集客ヒント

ブログのアクセスが増え売り上げにつながる3つの基本的書き方。

ブログ

お問合せやお申込みにつながる、ブログの書き方。

ブログを書く女性

「ブログを毎日更新したり、いろいろな対策を施して検索で上位に表示されるのに、お問合せやお申し込みが増えない。」

このような悩みをお持ちの起業女子・個人事業主の方も多いかと存じます。なぜ、問い合わせや申し込みにつながらないか?

それは、お客様が欲しい情報を見つけられないか、もしくは書いていないからです。

お客様が欲しい情報とは、「購入するとどんな良いことがお客様にあるのか」という事。ではどうすれば、お客様が欲しい情報をブログで発信してお客様に届けられるのか?

今日は、お問合せやお申込みにつながる、ブログの書き方をご紹介させて頂きます。

売り上げにつながるブログ記事の基本

アクセスが増え、売り上げにつながるブログ記事を書く時に、気を付けたい事が3つあります。

気を付けたいことの一つ目は、「タイトル」です。

1:検索されるタイトル作成のコツ

まずは、検索されやすく何を書いているかわかりやすいタイトルを作成しましょう。

  • 28文字~32文字
  • 潜在的なニーズを持ったキーワードを入れる

タイトルは、検索されるうえでも一番重要な要素です。お客様の本当のニーズ(欲しがっている情報)を意識したキーワードをいれたタイトルを作りましょう。ニーズ(欲しがっている情報)には、顕在的なニーズと、潜在的なニーズがあります。

例えば、ダイエットに関しての顕在的なニーズは、「やせたい」です。そして、潜在的なニーズは「水着が着たい」「かわいい服を着たい」「彼氏がほしい」など、「やせた」あとに達成したい事。

これが潜在的ニーズです。

重要なのは、この潜在的ニーズをタイトルに入れること。

また、タイトルの文字数にも気を付けましょう。28文字~32文字が基本です。

その理由は、Googleで検索表示される文字数が32文字だからです。

32文字以降は・・・・となり表示されません。

2:ブログ導入部での共感を意識しましょう

売り上げにつながるブログ記事(セールスブログ記事)を書く場合、いきなり本文に入ってはいけません。初めて読む人は、売り込みされることを感じ、それ以上読むことをしなくなるからです。

まずは、書き出し一行目で共感する文章を書き、読者との信頼関係を築くことが大切です。

共感することが強ければ強いほど、その後のブログ記事の信頼性があがります。

またセールスブログ記事を読むメリットを提示することも必要です。共感や信頼関係ができれば、すんなりと本文を読んで信用をしていただくことができます。逆に、共感や信頼関係がなければ、タイトルを工夫し、せっかく検索で上位表示になりクリックされても、読者はすぐに違う情報を探すためにブログから離脱します。

「検索からくる方は、ブログを読みたいからではなく、自分が探している情報がほしいだけ」なのですから・・・。

3:ブログ本文では結果を先に書きましょう。

ブログ本文の書き方の基本は、「結果→根拠・理由→具体例」です。

ブログ本文では、結果・結論を先に書きましょう。理由は明白で、検索している人は「急いでいる」からです。欲しい情報を探すために、検索してブログにたどりついたのに、欲しい情報(結果)がすぐに書いていない、もしくはわかりづらいブログからは離脱します。

また、欲しい情報の信頼性も大切です。私の考え「~と思います」では信用されません。提示している情報の根拠や理由を書くことで、記事への納得感があがります。

最後に、具体例を挙げることでより信頼性はあがります。

写真や感想、実績などがあると直感的に理解できる事も増えるのでより、読後の充実感・納得感はあがることでしょう。

本文は「結果→根拠・理由→具体例」の順番で書く事が、セールスブログを読み終えた後の納得感につながり、お問い合わせやお申込みへのアクションにつながります。

上記3つ「タイトル」「導入部での共感を意識する」「結果→根拠・理由→具体例」が、売り上げにつながるブログ記事の基本の書き方となります。

ブログ集客で悩んでいる方は、この3つの基本を意識して、セールスブログ記事を書いてみてはいかがでしょうか?

ブログ

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

安心と実績をモットーに起業された方・個人事業主のビジネス発展・継続のお手伝いをしています。

ビジネス心理コンサルティング・個人事業主向けHP作成・運用支援・集客の特化したブログカスタマイズ・ビジネスで必要なPCスキルアップ・オリジナル映像制作サービスなど。

お問い合わせはこちらをクリック

スポンサーリンク