仙台・今日から役立つビジネス心理

傾聴とは、単なるスキルではなく、共感する姿勢から生まれるもの。

  • LINEで送る
社会で必要なコミュニケーション力

聴き上手は商売上手

社会で必要なコミュニケーション力

会話をしていて、自分のことばかり話す人は疲れますよね。

こちらの話も、聞いてほしいのに、遮るように話す人。そして、自分の意見を聞いてもいないのに押し付ける人。こんな困ったちゃんでは、仕事もうまくいきません。

仕事がうまくいくために必要とされるコミュニケーション能力の基本。

それが「傾聴力」です。

傾聴力とは

相手の話を黙って聞くことを「傾聴」と勘違いしていませんか?

ほとんどの人が「話を聞くことぐらい誰にでもできる」「そのくらいすでにやっている」と思っているかもしれません。

しかし、本来の「傾聴」の本質をきちんと理解し、実践している人は、非常に少ないのが現実です。

「傾聴」の本質は、相手が、本当に何を伝えたいか共感し聞きだす事です。

気持ちや感情を伝えたいのか、・・・・

事実を伝えたいのか・・・・

話をただ聞いてほしいのか・・・・
相手と誠実に向き合うことで本当に何を伝えたいか、共感し聞き出すことが出来ます。

お客様と話す女性

傾聴の方法

本やセミナーなどでは、「おうむ返し」や「目を見つめる」「うなずく」「あいずち」「笑顔」などのスキルを教えています。スキルも大切ですが、そこに重点をおくと「本質」である、「相手と誠実に向き合うこと」が出来なくなります。

「相手と誠実に向き合うこと」を第一に考えて聴いていると、自ずと耳だけではなく体全体で相手の話を聞くことになります。

例えば、手の位置や向き。

何を伝えたいか一生懸命になると、自然と手の位置も変わってきます。膝に置いて聞く受け身の聴き方ではなく、相手を受け入れる手の置き方に自然となります。

かといって、故意におこなうアクションは見透かされます。目の前の人の話を一生懸命聴いていれば、自然とアクションができます。

スキルにとらわれることは「傾聴」とは真逆になります。

本当の傾聴は、全身全霊で相手の心に寄り添うので非常に「疲れます」

疲れない傾聴は「聴いているつもり」なのかもしれません。

商品やサービスを売る(セールス)事が上手な人は、話上手よりも聞き上手です。

お客様は、興味のない商品の説明を聞きたいのではなく、今困っていることを話したいのです。

傾聴が出来ると、リピーターとなるお客様は必ず増えます。

聴き上手は商売上手です。

青空に飛ぶ紙飛行機

スポンサーリンク

顧客管理をするうえで欠かせないセキュリティソフト

  • LINEで送る

お問い合わせ・お申込みはこちらから

安心と実績をモットーに起業された方・個人事業主のビジネス発展・継続のお手伝いをしています。

ビジネス心理コンサルティング・個人事業主向けHP作成・運用支援・集客の特化したブログカスタマイズ・ビジネスで必要なPCスキルアップ・オリジナル映像制作サービスなど。

お問い合わせ・お申込みはこちらをクリック

スポンサーリンク