仙台・個人事業・起業家の集客ヒント

お客様からのお申込みが増える集客・告知記事の書き方3つのコツ

コンサルティング

読んでほしい文章の書き方には基本があります。

コンサルティング

ブログなどで集客・告知記事を書いても反応が全くない悩み

集客・告知記事を書いても、お客様からの反応が少全くない。

セールスレターを書いても、反応がなくお問い合わせやお申込みにつながらない。

このような悩みを抱えながら集客・告知記事を書いている個人事業主の方も多いかと存じます。

集客・告知記事やセールスレターを書くのがちょっと苦手・・・。

そのような方にお伝えしたいちょっとしたコツがあります。

反応が見込める、基本的な3つの文章構成。

3つの構成

反応が見込める集客・告知記事・セールスレターの基本的な構成は、下記のように3つとなります。

  1. タイトル
  2. 導入部分
  3. 本文

まずは、この3つの構成を頭に入れて文章を構成してみましょう。

タイトルをしっかり作成する。

3つの構成で最初に大切なのが「タイトル」です。

「タイトル」の書き方で、検索上位に表示されたり、興味を引いてそのあとの文章を見てもらえたり、その後のお客様のアクションがすべて決まります。

それほどタイトルは重要な要素なのです。

具体的には、タイトルは28文字~32文字以内で、ブログの場合は場所や具体的なキーワードを必ず入れる事をお勧めします。

  • 例:「仙台駅前 資格が取れるアロマスクール ソフィアズカラーメニュー一覧」
  • 例:「仙台駅前 女性のための癒しアロマ ソフィアズカラーメニュー一覧」

上記の例のように、「メニュー一覧」や「○○のメニュー一覧」より、場所や、業種など詳しいメニュー記事タイトルをつけることで検索されやすくなります。

例でいえば、「仙台駅前」「癒し」「資格」「アロマ」で検索されることが想定されます。

まず、お客様の興味を引くことを意識したタイトルを作りましょう。

次に大切なのが、導入部分

2つ目の要素である「導入部分」

タイトルで興味を持ってくれた方が、そのあとの本文まで読んでもらえるかどうかは、この部分の1行で決まります。

初めて読む方は、内容を読みたいから読んでいるのではなく、自分の知りたい情報があるから文章を読むことに気づいていますか?

本文を読んでもらうためには、導入部分の1行で、読者との共感を得られる1文を書く事。

もしくは、この集客・告知記事・セールスレターを読むと、読んでいる人にどんな「メリット」があるかを明確にする1文を書くことが大切です。

本文の書き方は、簡単です。

本文の書き方ですが、まずは、結果を書いて、その理由・根拠、そして最後に具体例を書きます。

例えば、アロマ講座の集客記事の場合は下記のような感じです。

  1. アロマ講座を受けるとお客様がどうなるか・どんなメリットが具体的にあるのか (結果)
  2. なぜ、その講座をうけるとそうなるなのか(その理由・根拠)
  3. 受講後のお客様の実績や感想(具体例)

お客様目線でのメリットを結果として最初に提示し、その理由・根拠を記します。

最後に、具体例を示すことでお客様に提供するサービスや商品の良さが伝わります。

具体例には、エステであればビフォーアフターの写真であったり、学習塾であれば合格者数であったり、心理カウンセラーであればお客様の感想などとなります。

 

告知記事やセールスレター・チラシで反応が薄くてお悩みの方は、ぜひこの有効な3つの基本を意識して書いてみてください。

きっと反応が変わります。

 

お問い合わせはこちらから

安心と実績をモットーに起業された方・個人事業主のビジネス発展・継続のお手伝いをしています。

ビジネス心理コンサルティング・個人事業主向けHP作成・運用支援・集客の特化したブログカスタマイズ・ビジネスで必要なPCスキルアップ・オリジナル映像制作サービスなど。

お問い合わせはこちらをクリック

スポンサーリンク