仙台・個人ビジネスの集客・営業ヒント

仕事で目標達成している人。そのたった三つの共通点を御存じですか?

目標達成

仕事で目標達成している人には、三つの共通点があります。

目標達成

前職の商社での営業職時代、数多くのビジネスマン・経営者の方々とお会いしてきました。

日本を代表する大手企業の方から、個人事業主の方まで、さまざまな方たちとお仕事をさせて頂きました。

その経験測から、言えることですが、仕事で目標達成している人には、三つの共通点があります。

三つの共通点 それは・・・・

仕事で目標達成している人の、三つの共通点。

  1. 素直であること
  2. 人のせいにしないこと
  3. 決めたことをすぐ行動に移す事

一見簡単なような事ですが、意外に難しい事でもあります。

1:素直であること

聞く耳を持つ素直さ

仕事ができる人は、受け取り上手。

いくつになっても、どのような立場(ポジション)であっても、他人の意見・アドバイスを素直に聞き、教わる事ができる人は、成果が出ます。

逆に「でも」「だって」「どうして」などの、いわゆる3D言葉を最初に口に出す人程、成果が出ません。

自分の意見やアイディアがないから、アドバイスを受けているのに、そのアドバイスを最初から「否定」することは、なぜアドバイスを受けているか「本質」を忘れているのかもしれません。

また、最初から「できません」「知りません」「分かりません」という否定言葉を使う事も素直さからはかけ離れています。

ちなみに、これらの否定言葉を言い続けると、それは自分の脳への命令となり、自分を否定することになるから要注意。

「素直に聴き入れる」「素直に教わる」ことが、具体的な行動に移す事を容易にする秘訣です。

具体的な実行方法

具体的な実行方法は、以下の通りです。

  1. 「でも」「だって」「どうして」などの、いわゆる3Dや否定語を最初から口にしない
  2. まずは、相手の話をしっかりと聞く「傾聴」
  3. そのうえで、納得すれば素直に行動する
  4. 納得できなければ自分の意見を「素直」に言う(感情論では無く、論理的に)
  5. そして納得すれば、素直にすぐに行動する

「素直であること」は、仕事で結果を出すために必要不可欠な事の一つです。

2:人のせいにしないこと

責任転嫁.

結果が出ないことを、人のせい、他責にしたがる人がいます。

自己責任を取ることを嫌がり、行動の全てを、他者からの命令としてすり替える。

「あの人が言ったから・・・」

よく使う人を見かけますが、仕事でこればかりいっていたら信用をなくします。

「あの人の言う通りにしたら・・・」

自分で考えず、行動の責任を取ることを放棄し、他者にすり替える言葉です。

そのため・・・

「自分の考えで行動できない」=「仕事ができない」

「自分の考えで行動できない」=「行動に一貫性がない」

「自分の考えで行動できない」=「自己責任が取れない大人」

などと一般社会においては、他者から評価・判断されやすくなる事があります。

同じ環境でも考え方・捉え方次第

前職で、営業部を統括をしている時に、下記のような「言い訳」をする社員がいました

  • 「売り上げ悪いのは景気が悪いから」
  • 「売り上げが悪いの商品力がないから」
  • 「売り上げが悪いのは優良顧客が少ないから」

これって本当でしょうか?

本当なら、営業部全員が悪いはずですが、決してそのようなことはありませんでした。

逆に同じ環境でも営業成績のいい社員は、下記のような考え方でした。

  • 「景気が悪いからこそ売れるモノを売ろう」
  • 「商品力があるものを探そう」
  • 「優良顧客を開拓しよう」

同じ環境で同じ商品を売っていても、その人の捉え方や考え方で売り上げは全く違います。

不思議ですよね。

他責では望む結果は出せません。

結果がでない原因を、他責にしている限り、望む結果は出ません。

それでは、運よく結果が出たとしても、自分の力ではなく他者の力で出た結果です。

ビジネスを継続していく為には、自分の頭で考えて、責任をもって行動するという力を身につけることが必要です。

一般の社会において、自分で考えず、責任を他責にする経営者は、会社をつぶしています。

個人事業主も経営者です。

経営を健全に継続していくためには、人のせいにしないこと。

それが、仕事で目標達成する二つ目の秘訣です。

3:決めたことをすぐ行動に移す事

PDCA

きめたこと=計画したことです。

仕事は、計画ありきです。

思いつきで行動することと、アイディアを思いつく事は違います。

思いつきや、いきあたりばったりで、仕事をしても当然うまくいきません。

まず、目標達成をするための計画を立てましょう。

それが仕事の質をあげるPDCAの基本でもあります。

計画したことを1か月間、まずは、「いますぐ」にしてみる。

よくありがちですが、計画だけして行動しないのでは、PDCAのPで終わってしまいます。

完璧を目指して、あとまわしにする癖がある人は、仕事で結果が出せません。

期限をすぎても、5分だけでもいいから、まず手を付ける、行動する。

そうやって少しでも行動していけば、それは習慣となり、達成感とともに、ストレスを感じることが少なくなります。

脳科学的に証明されていますが、人間の脳は、簡単な事でも完了させると、気持ちいいと感じます。

こころが嬉しい・快を感じると、そのあとの脳の処理スピードは実は、何段階もあがります。

仕事で目標達成する人の共通点の3つめ。

それは「決めたことをすぐ行動に移す事」です。

仕事で目標達成している人の三つの共通点

3つの共通点

  1. 素直であること
  2. 人のせいにしないこと
  3. 決めたことをすぐ行動に移す事

以上3つが、仕事で目標達成する人の3つの共通点でした。

☆彡最後までお読みいただきありがとうございます。

お問い合わせフォーム

各種お問い合わせは、下記フォームよりお願いいたします。

お問い合わせフォーム

東北でがんばる個人事業主の為のオンライングループサロン「TOGS」

スポンサーリンク

お問い合わせはこちらから

安心と実績をモットーに起業された方・個人事業主のビジネス発展・継続のお手伝いをしています。

ビジネス心理コンサルティング・個人事業主向けHP作成・運用支援・集客の特化したブログカスタマイズ・ビジネスで必要なPCスキルアップ・オリジナル映像制作サービスなど。

お問い合わせはこちらをクリック