仙台・今日から役立つビジネス心理

「習慣化」。わかっているが、なかなかできないことの一つかもしれません。

習慣化する秘訣をお教えします。

習慣

様々なことを習慣化する事で、結果が大きく変わってきます。

仕事において、様々なことを習慣化する事で、結果が大きく変わってきます。

なぜなら、習慣化することで、継続して行動することができるからです。

しかし、なかなか習慣化できないことも多いのではないでしょうか?

例えば、ブログで集客をしようと考えて、毎日9時に更新をしようと計画したが、習慣化できずに、いつのまにか、更新をさぼってしまう。

また、売り上げを上げるために、毎日10件アポどりをしようと計画したが、挫折してしまう。

仕事で必要な知識や資格を得るために、勉強する事を習慣化しようとしていたのに、いつの間にか、しなくなってしまう。

このように、習慣化できずにいたことは、だれでも経験があることかもしれません。

逆に、習慣化できると目標を達成できたり、自信がついたり、仕事上のメリットがたくさんあることも事実です。

習慣化できない理由

そもそも習慣とは、なんでしょう?

習慣とは、無意識で思考や行動することであり、それに対する「思いの深さ×繰り返す数」で形作られるものでもあります。

したいのになかなかできない習慣化。

できない理由として考えられる事が3つあります。

  1. 自分で決めていない
  2. 楽しくない。
  3. 思いが少ない

まずは、この3つが習慣化できない理由として考えられます。

習慣化する秘訣があります。

上記の理由を改善する事が、習慣化できる秘訣となります。

まず、習慣を自分で決めて、継続すること。

それが、自分との約束と認識することで、挫折することが少なくなります。

また、脳は「快」なことには積極的に接近しますが、「不快」なことからは、回避しようとする性質があります。

それを利用し、楽しくない習慣を、楽しい事へ、認知を置き換えてみることで、習慣化しやすくなります。

具体的には、習慣化したい行動をするまえに、「やればできる」「チャンス」「ラッキー」など、楽しくなるような決め言葉を作ります。

さらに、その決め言葉とガッツポーズを行うルーティンを作ることで、これからすることは「快」なことだと、脳をだまします。

そして、行動した後には、報酬として、喜び・楽しさ・幸福感⇒感謝を感じることを行ったりする事。

そうして、行動すると楽しいことだと、脳に認識させてみることで習慣化しやすくなります。

また、習慣が何のために必要なのか?

自分の利益だけではなく、誰かの役に立つことなのかなどを明確にし、思いを深めることも重要です。

思いの深さ×継続する数が「習慣」です。

 

これらの秘訣を活かして、習慣を味方につけて仕事を楽しくし、結果を大きく変えていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お問い合わせフォーム

各種お問い合わせは、下記フォームよりお願いいたします。

お問い合わせフォーム

東北でがんばる個人事業主の為のオンライングループサロン「TOGS」

スポンサーリンク

お問い合わせはこちらから

安心と実績をモットーに起業された方・個人事業主のビジネス発展・継続のお手伝いをしています。

ビジネス心理コンサルティング・個人事業主向けHP作成・運用支援・集客の特化したブログカスタマイズ・ビジネスで必要なPCスキルアップ・オリジナル映像制作サービスなど。

お問い合わせはこちらをクリック