仙台・今日から役立つビジネス心理

お金がないと言っている人ほどお金がなくなる事実・・・。

時間マネージメント

言葉を変えると行動も変わり、その結果望むゴールが見えてきます。

時間マネージメント

見えているものだけが現実ではありません

人は、目でものを見ているわけではありません。

情報としての光は、目からはいってきますが、入ってきたその情報を映像化しているのは脳の働きです。

自分が今見ている、聞いている情報は、脳の中の記憶が結び付き、脳の中で作り出されているものです。

その証拠として有名なのが錯視という現象です。

例えば、「ミュラーリヤー錯視」

 

ミュラーリヤー錯視

図の上の線と下の線は実は全く同じ長さです。

しかし、下の線の方が長く見えているかと存じます。

同じ長さの線なのに、長さがちがって見える理由は「この図形が奥行きを感じさせるものであり、同じ長さの線だったら遠くにある下の線の方が長いはず」と脳が判断しているからです。

脳は、その人にとってその時に重要なものを映像化します

例えば、時計を見るとき、購入時はデザインが重要だったかもしれませんが、使っていると時間を見ることが重要になります。

そうすると、時計のデザインを見ているようで見なくなくなり、気にならなくなったりします。

時計

また、野球やサッカーに非常に興味が有るときは、新聞などのスポーツの結果が何気に目に入りますが興味が無くなると、まったく目に入らなくなったりします。

ココで大切なことは・・・・

いまご自分が見ている景色は、自分が重要だと感じている景色であるということ。

しかし、それが、実はすべての事実ではないという事です。

慣れ親しんだ場所=現状以外を、脳が見えなくします。

そのため、日頃から「お金がない」とか「景気が悪い」と言っている人は、いつまでたってもその現状から抜け出せません。

なぜならば、脳は自分の慣れ親しんだ場所や言葉を選ぶからです。

つまり、「お金がない」といつも言っている人は、脳がそれを無意識で実行しています。

だからいつまでも「お金がない」世界を、自分自身が作り上げているのかもしれません。

夢を具体的な形で想い描いてみましょう

やればできる

現状を変えるには、行動すること。

行動するきっかけとして、言葉で無意識をかえてみることも一つの方法です。

例えば、「お金がない」という言葉を「お金を手に入れて、美味しいご飯を食べる」のように変えてみる事。

自分が欲しい結果を言葉にしてみましょう。

そうすると、脳はそれを無意識で実行していきます。

目から入ってくる情報も変わり、無意識が実行を促すことが期待できるかおもしれません。

言葉を変えると行動も変わり、その結果望むゴールが見えてきます。

ご提供サービスプラン一覧へ

◇最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク



お問い合わせ・お申込みはこちらから

安心と実績をモットーに起業された方・個人事業主のビジネス発展・継続のお手伝いをしています。

ビジネス心理コンサルティング・個人事業主向けHP作成・運用支援・集客の特化したブログカスタマイズ・ビジネスで必要なPCスキルアップ・オリジナル映像制作サービスなど。

お問い合わせ・お申込みはこちらをクリック

スポンサーリンク

SNS