仙台・今日から役立つビジネス心理

「目的志向型と問題回避型」どちらも大事です。

アイディア

二つのやる気をおこす思考パターン

アイディア

人が何か行動しようとする時にやる気をおこすパターンは、大きく分けて二つといわれています。

目的志向型と問題回避型の2つのパターンです。

  目的志向型
  • 目標を達成することでやる気を起こします。
  • 目標を達成の観点から物事を優先順位を付けるのが得意
  • 目標に意識が集中する
  問題回避型
  • 否定的な状況や解決するべき問題があることでやる気を起こします。
  • 問題の処理や解決が得意
  • 問題に意識が集中する

分りやすい例として、漫画「ワンピース」の例

漫画「ワンピース」の主人公であるルフィの口ぐせは「海賊王に俺はなる!」

この言葉からわかる様に、ルフィは「目的志向型」だと判断できます。

逆に問題回避型は、ウソップが分りやすい例です。

問題(敵に襲われる)ことに意識が集中し、避けるべき状況や問題について話すことが多い事など・・・

このように普段の行動や口癖などで、どちらのパターンかが分かります。

それぞれのパターンが口にしやすい言葉

 

 目的志向の好きな言葉
  • なる。
  • 達成する。
  • 獲得する。
  • 手に入れる。
問題回避の好きな言葉
  • 解決する。
  • 避ける。
  • 取り除く。
  • しないようにする。
  • しなくていい

ここで、勘違いしてはいけないのは、人は、どちらかのパターンに限定・判別されるわけではないという事。

同じ人であっても、場面や状況で、どちらかのパターンを選ぶ事もあります。

目の前に予測されるトラブルがあれば、目的志向ではなく問題回避でそのことに対処する必要がありますよね。

また、将来的なビジョンを描くときには、問題回避より目的志向で考えます。

大事なのはバランスです。

自分のやる気が出るのは、場面や状況でどちらのパターンなのか、知っておく事で行動をしやすくなります。

「行動しなければ、何も変わらないのですから」

やればできる

最後までお読みいただきありがとうございます。

お問い合わせ・お申込みフォーム

各種お問い合わせ・お申込みは、下記フォームよりお願いいたします。

お問い合わせ・お申込みフォーム

スポンサーリンク

お問い合わせはこちらから

安心と実績をモットーに起業された方・個人事業主のビジネス発展・継続のお手伝いをしています。

ビジネス心理コンサルティング・個人事業主向けHP作成・運用支援・集客の特化したブログカスタマイズ・ビジネスで必要なPCスキルアップ・オリジナル映像制作サービスなど。

お問い合わせはこちらをクリック