仙台・今日から役立つビジネス心理

仕事に必要な「やる気」や「元気」をちょっとしたことで出す方法

モチベーション

「やる気」や「元気」を出す神経伝達物質があります。

やるきがない猫

仕事を継続する上で、大切な「やる気」や「元気」。

 

モチベーション

「やる気」や「元気」がないと、なかなか仕事がはかどりませんよね。

ブログを書こうと思っても、なかなか進まない。書けない自分にどんよりしてしまう。そんな事も多々あるかもしれません。

仕事をはかどらせるうえで、大切な「やる気」や「元気」・「欲求」をつかさどる脳内の神経伝達物質があります。

それが「ドーパミン」です。

脳内で「ドーパミン」が増えると「やる気」や「元気」が出てきます。

ドーパミンが増える条件

「やる気」や「元気」が出るといわれている「ドーパミン」。その「ドーパミン」増やすためには、以下の3つの事に気をつけると良いと脳科学の世界で言われています。

その3つとは・・・

  1. 不確実な嬉しい出来事を期待しているとき
  2. 予期していなかった嬉しい出来事が起こったとき
  3. 嬉しい出来事が確実に起きると予想されるとき

これらの条件を満たしている時に、脳の中では「ドーパミン」が放出されているようです。

例えば、お客様からの問い合わせが増える事(不確実な嬉しい出来事)を期待して集客ブログを書いているときには、「ドーパミン」が増えているのかもしれません。

生活の中でドーパミンを増やす方法

このやる気を司るドーパミンを増やすには、達成型の生活を送る事が重要となるようです。

明日、1週間後、1か月後、1年後が、楽しみになるような生活を送る事がドーパミンの放出を促します。

1年後に仕事の結果を出して、ハワイに行くとか、1か月後、ブログの更新を頑張って読者が増えるとか、自分が本当に楽しいと思える事が大事です。

ドーパミンは、欲求ホルモンとも呼ばれ、刺激をより求める依存傾向があります。ドーパミンが出れば出るほど、もっともっとドーパミンを出したくなる行動を脳はもとめるのです。

スピードを出すことでドーパミンが出れば、もっとスピード出したくなりますし、ギャンブルやアルコール、タバコ、薬などの依存も同じです。

ドーパミンを出すのであれば、健全な仕事の結果などで放出させましょう。

また、予期しない嬉しい事を、与えあうことが出来る人間関係を持つ事も、ドーパミンを増やすようです。

具体的に言うと、あいさつ・声掛け・相手のいい所をほめる・思いやり・助け合いができる人間関係を持つ事。

しかし、これらが単調・ルーティンではNG。

予期しない嬉しい事である必要があります。

このような方法で「やる気」や「元気」を出してモチベーションを継続することで、より良い生活=より良い仕事ができる事にもつながるのではないでしょうか。

「やる気」や「元気」がちょっと足りないと感じているアナタ。

これらの方法を試してみてはいかがでしょうか?

やる気アップ

◇最後までお読み頂きありがとうございます。

success

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

安心と実績をモットーに起業された方・個人事業主のビジネス発展・継続のお手伝いをしています。

ビジネス心理コンサルティング・個人事業主向けHP作成・運用支援・集客の特化したブログカスタマイズ・ビジネスで必要なPCスキルアップ・オリジナル映像制作サービスなど。

お問い合わせはこちらをクリック

スポンサーリンク